インドで子育て!オムツ事情(パンパース/マミーポコ/メリーズ)

子育て

 

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

今回は、乳幼児の子育てに欠かせない、インドのオムツ事情について紹介します。

 

子育てで大量に消費するものといえば、やっぱりオムツですよね。

できれば、日本と同じオムツを使い続けたいところですが、持ってくるにも限界があると思います。

幸いなことに最近インドでのオムツ事情は良くなってきており、無理に日本から持ってくる必要もなくなりつつあります。

 

さて、2019年現在、インド市場で販売しているオムツは、日本でもよく知られたブランドに絞ると、パンパース/マミーポコ/メリーズの3種類です。

もちろん他の海外製品もインドで販売されていますが、我が家もそうですが、あえて知らない海外ブランドを試すことは少ないと思いますので、今回は日本でも馴染みのあるブランドの商品を紹介します。

 

この中でも、特にお勧めなのは「メリーズ」です。Amazon Indiaで日本と同様の商品を購入できます。

 

スポンサーリンク

各オムツの比較

ここからは、パンツタイプのMサイズを例にあげて、商品比較をしていきます。

パンパース (Pampers)

パンパースは、世界最大の一般消費財メーカーである米国企業「P & G」がインド消費者向けに商品展開している商品です。

 

インドのパンパースは、インド市場向けに販売しているためか、海外の商品に特有の独特な香料が使われています。確認した限りでは無香料の商品はなさそうでした。

ちょっとクセがあるニオイなので、親が苦手な場合は使うのは難しいかも知れません。(我が家も一度買ってみましたが、あまり得意なニオイでは無かったので断念しました…)

 

インドでは、プレミアムとノーマルの2種類のタイプで展開しています。

両者の大きな違いは、プレミアムだと捨てる用のテープが付いていることです。

 

  • プレミアム

「P & G」ホームページより引用

  • ノーマル

「P & G」ホームページより引用

 

インドの「P & G」のHPはこちらから↓↓

Childcare - Being a parent - Parenting tips - Pampers India
Explore pregnancy week-by-week guide, post-pregnancy care, baby care tips & diapers, baby names with meanings on official website of Pampers India. Visit Now!

 

マミーポコ (Mamy Poko)

マミーポコは、衛生用品の大手メーカーである「ユニ・チャーム」の商品で、インドでは2008年より事業展開しています。

現地工場は既に第3工場まであり、インドのオムツ市場では「P & G」とトップシェアを競い合っているそうです。

我が家でも日常的に使っていますが、使用している感じはほぼ日本品質と言っても差し支えありません。

オムツが買える店であればたいてい置いてありますし、BigbasketやAmazon Indiaでも買えます。

「ユニ・チャーム」HPより引用

 

インドの「ユニ・チャーム」のHPはこちらから↓↓

MamyPoko: India's 1st Pant Style Baby Diapers Online
Buy Baby Diapers Online at low prices by MamyPoko. Choose from a wide range of Baby Pants Style Diapers Brand in India with Premium Japanese Quality.

 

メリーズ (Merries)

大手化学メーカーの「花王」が製造・販売しているのが、メリーズです。

2018年8月よりインドに参入しています。マミーポコのように現地生産はしておらず、日本で売っている商品をそのまま輸入して販売しています。

輸入販売のため、品質は折り紙付きですが、高級路線を打ち出しており、値段はちょっとお高めです。

今のところ取扱っているのは「Amazon India」のみです。

「花王」ホームページより引用

時々、Amazonで品切れになると、2〜3倍の価格でAmazon内で他の店舗から出品されます(インドの転売屋?)が、ちょっと待つとAmazon公式でまた適正価格で販売されますので、慌てないようにして下さい。

 

「花王」のホームページはこちらから↓↓

メリーズ | 花王 <公式> 赤ちゃんとおむつの情報
'花王「メリーズ」公式サイト。 おむつやおしりふき、スキンケア商品、育児のヒントなど赤ちゃんとママ・パパのスマイルを応援する情報がいっぱい! 【サンプルプレゼント中】

 

性能・価格の比較

【性能の比較】

 お知らせ
サイン
捨てる用
シール
購入経路
パンパース
プレミアム
×Amazon India
Bigbasket
パンパース××Amazon India
Bigbasket
マミーポコ××Amazon India
Bigbasket
メリーズAmazon Indiaのみ

性能はやはり日本と同じ商品であるメリーズに軍配が上がりますね。

ただ、「Amazon India」でしか買えないのは少々不便です。

他のオムツはたいていのオムツが買えるお店では置いてありますし、「Bigbasket」でも買えます。

 

【価格の比較】

Mサイズのパンツタイプのオムツについて、比較しています。

 枚数定価
(ルピー)
単価
(ルピー)
単価
(円)
パンパース
プレミアム
1081,99918.5129.62
パンパース7699913.1421.02
マミーポコ7699913.1421.02
メリーズ581,59927.5744.11

やはりメリーズが高いですね。単価にするとパンパースやマミーポコの2倍以上の価格になっています。

なお、「Amazon India」であれば、どのオムツも常時20〜30%オフで買えます。

 

ただし、Amazon Indiaだと段ボール詰めされて配達されます。インドの段ボールは例外なくクサイですので注意してください。

 

 

ちなみに、メリーズを日本で買うと次のようになっています。(輸入関税が掛かっているとはいえ、やはりインドの方がだいぶ高いですね…)

 

 

(参考)オシリ拭き事情
インドでももちろんオシリ拭きは買えます。が、日本ほどの性能のものはなく、無香料のものも無さそうでした。色々と買って試したわけではありませんが、オシリ拭きに関しては、おとなしく日本から大量に持ち込んだ方が良いと言うのが我が家の結論です。

 

終わりに

今回は、インドで購入可能なパンパース、マミーポコ、メリーズの3つのオムツについて比較しました。

 

日本品質にこだわるのであれば、「メリーズ」になると思います。大量輸送の手間を考えると、お金さえ出せばインドでも買えるというのは素晴らしいことです。この調子で輸入販売を続けてほしいですね。

もちろん、「パンパース」と「マミーポコ」も十分使える品質だと思います。

 

我が家では、基本は「マミーポコ」を使っており、ここぞという場面で「メリーズ」を使うという戦略をとっています。インド赴任時には大量のオムツを輸送しましたが、インドでもオムツを調達出来ることが分かり、その後はインドで購入したオムツを使用しています。

 

 

ではまた。

コメント