【Third Wave Coffee】インドの美味しい珈琲屋さん

外食

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

今回は、インド産の珈琲豆で淹れたてのコーヒーが飲める「Third Wave Coffee Roasters」について紹介します。

 

このコーヒーショップは、バンガロールを中心に展開している、インド版スタバのようなお店です。

インドはスタバもいたる所にありますが、個人的にはこっちの「Third Wave Coffee Roasters」の方が気に入っています。

スタバほど高級でもなく、CCD(Cafe Coffee Day)ほど大衆向けでもない、ちょうど良いランクの喫茶店だと思います。

 

スポンサーリンク

「Third Wave Coffee Roasters」のコーヒー紹介

ドリンクメニューはこちらの写真の通りです。

カプチーノ170ルピー(約270円)アメリカーノ140ルピー(約220円)などと、お手頃な価格です。

 

こちらがカプチーノです。

一応、ラテアートっぽいこともしてくれます。

 

テイクアウトだとこんな感じ。

日本のようにプラスチックのフタ付きのカップに入れてくれます。

 

また、お店では珈琲豆を買うこともできるので、自宅でもインド産のコーヒーを気軽に楽しむことができます。

  • 左・・・AURORA BOREALIS BLEND
  • 右・・・POABS ESTATE ORGANIC

 

  • BALMAADI ESTATE ORGANIC

 

  • 左・・・ATTIKAN ESTATE
  • 右・・・DECCAN BLEND

あまり細かい違いは分かりませんが、どうやらインドの中でも地域毎に区切って、それぞれの銘柄として売り出しているようですね。地元バンガロール産のコーヒーが飲みたければ、一番最後のDECCAN BLENDを選ぶのが良いかと思います。

 

また、軽食コーナーもけっこう充実しています。

残念ながら試したことはありませんが、クロワッサンを中心としたパンやカップケーキなどがあり、見た感じなかなか美味しそうですね。

スポンサーリンク

ホワイトフィールドの「Third Wave Coffee Roasters」

さて、我が家の生活圏であるホワイトフィールドのThird  Wave Coffee Roastersですが、Shantiniketanフォーラム・モールの中にあります。

  • 住所
    Whitefield Main Road, Hoodi, Thigalarapalya, Krishnarajapura Ground Floor, Forum Shantiniketan Mall, Bengaluru
  • 営業時間
    10:00AM – 10:00PM(無休)

ホワイトフィールドの店舗にはテラス席もあります。

座席数もたくさんあり、静かな空間ですので、1人の午後をゆったりと過ごすにはもってこいです。

 

現在のところ、バンガロールの各地域に計9店舗、他にもプネハイデラバードに出店しているそうです。

公式HPはこちらから↓↓

Visit Our Cafes
Responsibly sourced specialty coffee roasted to order and delivered right to your door.

終わりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回はインド産のコーヒーが楽しめる「Third Wave Coffee Roasters」を紹介しました。インドといえばチャイを始めとした紅茶のイメージが強いですが、コーヒーもなかなかイケてます。

 

他にも南インド産のコーヒーであれば、「Blue Tokai」もオススメです↓↓

南インドの美味しいコーヒー!BLUE TOKAI(ブルートーカイ)
南インド原産のコーヒー豆を楽しめるカフェ「BLUE TOKAI」について紹介しています。バンガロールではホワイトフィールドにある「VRモール」に店舗を構えており、美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。また、店舗やネット通販で豆の購入もできます。

 

 

ではまた。

コメント