バンガロールへの行き方~シンガポール経由~

フライト

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

今回はシンガポール経由での日本からバンガロールへの行き方について紹介します。

シンガポール経由での魅力はトランジット中の子ども達用の暇つぶしポイントが沢山あること。

上手く子どもを疲れさせれば、次の飛行機でしっかりと寝てくれます。

 

※2019年現在、日本からバンガロールへの直通便は存在しません。

ついに、日本からバンガロールへの直通便が運行されるとの発表がありました(2020年夏より運行開始)。
バンガロール(JAL)チェンナイ(ANA)と、南インドへのアクセスが今後ますます良くなっていきそうです。

2020年はインドが熱い?ANAはチェンナイ、JALはバンガロールへの就航を発表(鳥海高太朗) - Yahoo!ニュース
インド南部への直行便が、今年後半から来年にかけて相次いで就航する。ANAは今年のウインターダイヤ期間中にチェンナイ、JALも2020年度のサマーダイヤまでにバンガロール線を就航することを発表した。
スポンサーリンク

各都市からの航空便

日本の各都市からのシンガポール経由便は以下の通りです。

なお、発着時間は目安として記載していますが、最新情報とは多少異なる場合があります。ご了承ください。

 

最新の情報はこちらから検索できます。
スカイスキャナーの航空券比較

東京発

成田国際空港(NRT)~チャンギ国際空港(SIN)~ケンペゴウダ国際空港(BLR)

東京→
バンガロール
便名所要時間発着時間(目安)
NRT→SINSQ6377時間40分11:05→17:45
乗継-2時間20分-
SIN→BLRSQ5024時間20分20:05→21:55

ケンペゴウダ国際空港(BLR)~チャンギ国際空港(SIN)~成田国際空港(NRT)

バンガロール
→東京
便名所要時間発着時間(目安)
BLR→SINSQ5034時間30分23:10→6:10
乗継-3時間10分-
SIN→NRTSQ126時間45分9:20→17:05

大阪発

関西国際空港(KIX)~チャンギ国際空港(SIN)~ケンペゴウダ国際空港(BLR)

大阪→
バンガロール
便名所要時間発着時間(目安)
KIX→SINSQ6197時間40分11:00→17:10
乗継-2時間55分-
SIN→BLRSQ5024時間20分20:05→21:55

ケンペゴウダ国際空港(BLR)~チャンギ国際空港(SIN)~関西国際空港(KIX)

バンガロール
→大阪
便名所要時間発着時間(目安)
BLR→SINSQ5034時間30分23:10→6:10
乗継-7時間55分-
SIN→KIXSQ6226時間15分14:05→21:20

名古屋発

中部国際空港(NGO)~チャンギ国際空港(SIN)~ケンペゴウダ国際空港(BLR)

名古屋→
バンガロール
便名所要時間発着時間(目安)
NGO→SINSQ6717時間20分10:30→16:50
乗継-3時間15分-
SIN→BLRSQ5024時間20分20:05→21:55

ケンペゴウダ国際空港(BLR)~チャンギ国際空港(SIN)~中部国際空港(NGO)

バンガロール
→名古屋
便名所要時間発着時間(目安)
BLR→SINSQ5034時間30分23:10→6:10
乗継-19時間10分-
SIN→NGOSQ6726時間20分1:20→8:40

福岡発

福岡空港(FUK)~チャンギ国際空港(SIN)~ケンペゴウダ国際空港(BLR)

福岡→
バンガロール
便名所要時間発着時間(目安)
FUK→SINSQ6556時間45分9:45→15:30
乗継-4時間35分-
SIN→BLRSQ5024時間20分20:05→21:55

ケンペゴウダ国際空港(BLR)~チャンギ国際空港(SIN)~福岡空港(FUK)

バンガロール
→福岡
便名所要時間発着時間(目安)
BLR→SINSQ5034時間30分23:10→6:10
乗継-19時間10分-
SIN→FUKSQ6566時間00分1:20→8:20

トランジットの過ごし方

空港内で過ごす

世界最大級のハブ空港だけあってターミナルは4つもあり、お食事処や娯楽施設もとても充実しています。

ラウンジも沢山ありますので、プライオリティ・パスを持っている方は色々なラウンジを楽しめます。

 

それに何と言っても我が家のような子連れにとって最大の利点は、子供の遊び場が豊富にあること。

プレイエリアと呼ばれる大きな遊具があるスペースや、ガーデンシアターなどが各所にあります。

これらの施設で子供を遊ばせれば、親もひと息つけますし、子供も大満足。

疲れて機内でもグッスリ寝てくれれば、周りも含め皆が幸せになれます。(子連れの機内は本当に気を遣います)

 

チャンギ国際空港は手荷物検査がゲートに入る直前にあります。(通常は乗継ぎ手続き時)
また、ターミナルもとても広いので、遊びすぎて慌てることのないよう、十分な余裕を持ってゲートに向かいましょう。

一時入国してみる

トランジットの時間を利用して市内へ遊びに行くのも良いかと思います。

シンガポールはコンパクトにまとまった都市ですので、効率的に観光できます。

子連れの場合は、やはり動物園が良いでしょうか。

 

我が家も子連れでのシンガポール経由の移動はまだ未経験ですので、今後トライしたいです。

結果は追々レビューします。

終わりに

今回はシンガポール経由でバンガロールに行く場合の航空便について紹介しました。

バンガロールへの到着時間が他の国経由の場合と比べて早いことは大きなアドバンテージだと思います。

うまくいけば日付が変わる前に家に帰れます。(次の日仕事でも辛くないです)

 

別の経路は次の記事でも紹介しています。

バンコク経由はコチラ↓↓

バンガロールへの行き方~バンコク経由~
現在のところ日本からバンガロールへの直通便は存在しないため、アジアのハブ空港を経由する必要があります。今回はタイ航空、バンコク・スワンナプーム国際空港経由での航空便を紹介します。トランジット中の空港内での過ごし方も紹介しています。

香港経由はコチラ↓↓

バンガロールへの行き方〜香港経由〜
現在のところ日本からバンガロールへの直通便は存在しないため、アジアのハブ空港を経由する必要があります。今回はキャセイパシフィック航空、香港国際空港経由での航空便を紹介します。トランジット中の空港内での過ごし方も紹介しています。

 

 

ではまた。

コメント