モーニングもやってます!Cafe Noir(カフェ・ノア)

外食

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

今回は、バンガロールの色んなモールにある喫茶店「Cafe Noir(カフェ・ノア)」について紹介します。

 

インドらしからぬオシャレな雰囲気で、奥様方のお茶会にもピッタリだと思います。

モーニングセットもあり、なかなかイケています。

 

スポンサーリンク

Cafe Noirの店舗紹介

今回は、ホワイトフィールドのフェニックス・モール(Phoenix Marketcity)に行ってきましたので、そちらの店舗を紹介します。

Cafe Noirの入り口は外側に面していますので、いったんモールから出て、お店に入る必要があります。

 

店内はこのような感じとなっています。

シックな作りで落ち着いた雰囲気です。

休日の10時頃に入りましたが、ほぼお客さんはいませんでした。静かな中でゆっくりとくつろげます。

 

Cafe Noirのモーニング

今回はモーニングセットを試してみました。

こんな感じで、なかなかボリュームのあるセットとなっています。

トーストバゲット、野菜の入ったオムレツ焼きトマト、右下の黒いのはマッシュルームの炒めものです。どれも変にスパイスが効いているということもなく、美味しく頂けました。

後ほどメニューも貼りますが、モーニングセットの内容はそれぞれいくつかの選択肢から選ぶことができます。追加料金がかかるオプションもあります。

 

モーニングセットのコーヒーです。

普通に美味しいコーヒーでした。

 

こちらはフレッシュジュース。

スイカだけ無料となっており、他のフルーツに変更すると追加料金が発生します。

なお、ストローは紙ストローです。インドでは(他の国もですかね?)、プラスチックのストローを見る機会がどんどん減っています。それ自体はたいへん良いことですが、紙ストローの質がもう少し良いと正直助かりますね。長時間保たない…

 

ご覧の通り、モーニングセットはボリューム満点となっており、頑張って食べたんですがちょっと食べ切れず、仕方ないのでバゲットはお持ち帰りにして包んでもらいました。日本と違って、こういったお願いを気軽にできるのは助かりますね。

 

Cafe Noirのメニュー表

それではメニューをずらっと並べておきます。

こちらが朝食メニューです。

今回オーダーしたのは、上の写真の右側です。「French Breakfast」で、415ルピー(約660円)です。

 

こちらの左側も同じく朝食メニューです。

朝食で3パターンもあり、かつ内容のアレンジもできるので、なかなか力が入っていますよね。

 

通常メニューがこちらの通りです。

食事がこの2つ。

ドリンクがこちらの2つです。

スポンサーリンク

Cafe Noirへのアクセス

ホワイトフィールドにある店舗

ホワイトフィールドには現在のところ、3店舗あります。

Phoenix Marketcity

今回訪れた、フェニックス・モールにあるお店です。

 

VR Bengaluru

こちらはVRモールにある店舗となります。

VRモールはフェニックス・モールと隣接していますが、何故かどちらのモールにも同じお店が入っています。このようなお店はKAMAなどいくつかあり、ちょっと理解に苦しみます。いったい、どういう戦略なんでしょうね…?

 

Miraya Rose

Nature’s BasketDaily SushiなどがあるMiraya Roseにもあります。

Miraya Roseはモールではないですが、なかなか使える店が集まっています。

 

バンガロール市内にある店舗

バンガロール市内にも2店舗あります。

UB City

言わずとしれたバンガロール発展の象徴、UB Cityの中にもあるそうです。

 

Orion Mall

バンガロールの北西部に位置するOrion Mallにも入っているそうです。Brigade Gatewayのすぐ近くのモールなので、日本人の利用者も多いですよね。

 

終わりに

今回は、モーニングにも使える喫茶店「Cafe Noir」について紹介しました。

モーニングと言いつつ開店は10時からと、日本人にはちょっと遅すぎますので、ブランチと捉えてゆっくりと頂くのが良いかと思います。

もちろん、普通の喫茶店としても使えます。スタバとかに飽きたら行ってみるのアリかな、と。

 

 

ではまた。

コメント