【Phobidden Fruit】インドで食べるベトナム料理

外食

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

今回は、インディラナガー(Indiranagar)にある美味しいベトナム料理屋「Phobidden Fruit」について紹介します。

インドでベトナム料理というのも不思議な感じはしますが、インディラナガーの周辺はベトナム料理とかタイ料理のお店がちょこちょこ集まっています。東南アジアの方々が多く住んでいる地域なんですかね?

中でも今回紹介する「Phobidden Fruit」は日本人駐在員の間でもたまに名前を聞きますので、それなりにレベルの高いお店だと思います。

 

スポンサーリンク

「Phobidden Fruit」の店舗紹介

お店の雰囲気

外観はこんな感じです。やる気のない犬が無防備に寝ていました。

 

店内はこんな感じで、多少暗めの雰囲気です。

奥の方にもいくつか席があるようですので、席数はそこそこ多いです。

 

今回のオーダー

こちらはバインクオン(Banh Cuon)という料理です。

生春巻きのような感じですが、中には挽き肉がたっぷり入っていて、上にまぶしたフライドガーリックも相まって、中々の食べ応えです。味付けも日本人好みで食べやすいと思います。税抜き320ルピー(約520円)

 

続いて、ベトナム料理といえばこれ。フォー(Pho)です。牛肉入りです。

こちらもとても美味しかったです。麺もちゃんとしていましたし、何より牛肉入りというのが良いですね。お値段は税抜き390ルピー(約620円)です。

 

ドリンクもついでに頼みました。

Ice Tea Lemonade税抜き150ルピー(約240円)です。

 

スポンサーリンク

メニュー表一覧

続いてメニュー表をずらっと貼っておきます。

まずは、Appetisers。前菜ですね。

今回頼んだバインクオンはコチラのメニューから選びました。

 

続いて、スープやサラダなど。

 

ここからがメインコースです。

メインの一番始めにあるのが、今回もオーダーしたフォー(Pho)です。

 

フォー以外のヌードルや焼きめし系もいくつかあります。

 

最後にデザートとソフトドリンクです。

 

「Phobidden Fruit」へのアクセス

インディラナガーは私の住んでいるホワイトフィールドからだと、車で大体1時間弱くらいのところにあります。渋滞の時間帯に被ると平気で1時間以上掛かりますので、出来るだけ渋滞する時間帯は避けた方が良いです。

「Phobidden Fruit」は100フィート・ロードの南側から、西の方へ少しそれた道沿いにあります。

  • 住所
    965, 12th Main Rd, HAL 2nd Stage, Doopanahalli, Indiranagar, Bengaluru, Karnataka 560038
  • 営業時間
    12:00PM – 3:15PM & 7:00PM – 10:15PM

インディラナガーは若者が集まる街らしく、飲み屋も多くて夜になるとどんどん人が増えてきます。

このお店のフォーで腹ごしらえしてから、インディラナガーの夜の街に繰り出すのというのも、異文化交流が出来て良いかもしれませんね。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

今回は、インドでは珍しいベトナム料理が食べられるお店「Phobidden Fruit」を紹介しました。

 

私自身、ベトナム料理に関しては、昔ハノイに旅行へ行った際に食べたくらいで、これまでもあまり食べた経験はないのですが、味付けがインドやタイのようにキツくないので、日本人にも食べやすい料理ですよね。

たまに食べる変化球のひとつとして持っておくと、変化の少ないインド生活を送る上での逃げ道のひとつになるのではないかと思います。

 

 

ではまた。

コメント