バンガロールのステーキハウス3選

外食

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

バンガロールの代名詞(?)といえば牛ステーキですよね。バンガロールはインドの中でもちょっと特殊な地域で、良質な牛ステーキをお手軽にかつお値打ちに食べる事ができます。

今回は、そんなバンガロールに数あるステーキハウスの中から、お勧めレストラン3選を紹介します。

 

スポンサーリンク

The Only Place

まず1つ目、言わずと知れたバンガロールの超有名ステーキハウス「The Only Place」です。

カボン・パークやUBシティから少し東に行ったところにある、ミュージアム・ロード沿いにあります。

  • アドレス
    Siddam Setty Complex, Museum Rd, Next To, Shanthala Nagar, Ashok Nagar, Bengaluru, Karnataka 560001
  • 営業時間
    12:00PM – 3:30PM & 7:00PM – 11:00PM(無休)

外観はこのような感じ。

中は屋根付きの屋外というような造りになっています。

メニューを少しだけ紹介。

こちらメインのステーキですが、筆記体が読みづらいです。。

お勧めどころとしては、メニュー真ん中当たりの「Chateaubriand Supreme」(シャトーブリアン)か、赤字一番下にある「Double Filet Mignon」(フィレミニオン)でしょうか。

価格もシャトーブリアン600ルピー(約1,000円)フィレミニオン660ルピー(約1,100円)と非常にお値打ちです。

 

そしてこちらが、「Double Filet Mignon」です。大き目のフィレミニオンが贅沢に2つも。

和牛のようなサシは入っていませんが、柔らかくて美味しいです。

スポンサーリンク

Portland Steakhouse

続いて、The Only Placeと双璧をなすのが「Portland Steakhouse」です。日本人向けに日本語のメニューも置いてあるので、海外初心者には優しいお店です。

バンガロール市内にある「Garuda Mall」からマグラス・ロード沿いに少し東に行って、ちょっと住宅街の中に入ったところにあります。

  • アドレス
    1st Cross Road, No1, Brunton Rd, Ashok Nagar, Bengaluru, Karnataka 560025
  • 営業時間
    12:00PM – 10:30PM(無休)

外観はこのようになっています。

店内はこのような雰囲気で、若干暗めです。

日本語のメニューです。

こちらがステーキメニュー。

日本語訳は少々アレなところはありますが、内容は十分伝わります。

おすすめは先ほどと同じく「シャトーブリアン」「フィレミニヨン(ダブル)」でしょうか。それぞれ720ルピー(約1,150円)770ルピー(約1,250円)です。他にも、Tボーン・ステーキも個人的には好きです。「ポーターハウス」という名前で、825ルピー(約1,300円)

 

こちらがその「ポーターハウス(Tボーン・ステーキ)」です。

すみません、照明が足らず、暗くなってしまいました。

お皿いっぱいに盛り付けられたお肉は迫力があります。決して柔らかいとは言い難いですが、非常に食べごたえがあり、いかにも肉を喰らってるという気分になれます。

 

また、このお店ではソースも自由に選べますので、気分に合わせて好きなソースにできます。和風ソースなどもあります。

注意点としては、アルコール類に関して、ビールがないことです。(ワインなら置いてあります)

 

The Grill House

上で紹介したふたつに比べるとあまり名前は聞きませんが、アメリカンスタイルの雰囲気を味わえるのが「The Grill House」です。

バンガロールの北東に位置する「Ulsoor Lake(ウルソアー・レイク)」からちょっと南に下ったところにあります。「1MG Mall」からだと、道路を挟んで反対側です。

  • アドレス
    8/6, Kensington Road, Near-Kensington Point, Yellappa Chetty Layout, Halasuru, Bengaluru, Karnataka 560008
  • 営業時間
    12:00PM – 11:00PM(無休)

最近、タイミングが合わずなかなか行けていませんので、参考画像を引用しておきます。

外観はこのようなイメージです。


Trip Adviserより引用

ステーキメニューがこちらの2枚。


Zomatoより引用


Zomatoより引用

こちらの良いところは、豊富なメニューですね。ステーキだけでも20種類近くあり、色々なスタイルのステーキが楽しめます。また、ステーキ以外のメニューもたくさんありますので、ちょっと若めの出張者が来たときには、会食で良く使っています。

注意点としては、ひとり一皿ステーキを頼むのであれば、前菜は抑えめにしておいた方が良いです。ステーキが来る頃には、お腹が膨れてしまいますので。

 

終わりに

今回は、バンガロールでおすすめのステーキハウスについて紹介しました。

もちろんこの他にもたくさんのステーキハウスがありますし、普通の洋食屋でもどこのお店に行ってもだいたい注文できます。

 

値段に関しても、ステーキだからといって特別高いわけでもなく、お財布にも優しいです。なにより、たまにお腹いっぱい肉を食べることで、生きる為の活力が湧いてくる気がします。インドという過酷な地で日々生活していく上では、大変重要なことですよね。

 

 

ではまた。

コメント