ショッピングモール紹介!VRモール

買い物

ナマスカーラ!クマール太郎です。

 

 

今回はバンガロールのホワイトフィールドにある「VRモール」について紹介します。

 

ホワイトフィールドで最も大きくて有名なのはフェニックスモールですが、今回紹介するVRモールはそのフェニックスモールのすぐ隣に位置します。

 

大きさはもちろんフェニックスモールに負けますが、中に入っているお店は粒ぞろいとなっており、コンパクトにまとまっているモールだと思います。

 

 

スポンサーリンク

VRモール内のお店紹介

VRモール全体の様子

VRモールは黒い外観が特徴的な建物です。

 

モール内はこのようになっています。

モールの中もインドでは珍しく、モノクロ調でシックな感じの雰囲気です。

VRモールは「G(Grand Floor)→UG(Upper Graund)→L1(1st Floor)→L2(2nd Floor)→L3(3rd Floor)」の5階建てとなっており、外から店内に入るとUG階から回ることになります。

クルマで来た場合は、地下駐車場にクルマを停めると思いますので、地下1階か地下2階からエレベーターで上がってきます。

 

ちなみにエレベーターは2基ありますが、上手く連動して動いてくれないので、ベビーカーとかが無ければ基本的にはエスカレーターで移動した方が効率的です。

 

UG(Upper Graund)にあるお店

まず、外と面しているのは「Superdry~極度乾燥(しなさい)」

名前のインパクトは凄いですよね。

いつも目を引かれますが、買ったことはありません。

 

インド産のコーヒーが飲める「BLUE TOKAI」も外と面しています。

「BLUE TOKAI」については、こちらの記事で詳しく紹介しています↓↓

南インドの美味しいコーヒー!BLUE TOKAI(ブルートーカイ)
南インド原産のコーヒー豆を楽しめるカフェ「BLUE TOKAI」について紹介しています。バンガロールではホワイトフィールドにある「VRモール」に店舗を構えており、美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。また、店舗やネット通販で豆の購入もできます。

 

外資系のファストファッションとしては「H & M」「FOREVER 21」が入っています。

特に「H & M」は、だいたいどこのモールに行ってもありますね。

 

インドで化粧品なら「KAMA」。AYURVEDA(アーユルヴェーダ)で有名なブランドだそうです。

単身赴任の方は、奥様へのお土産にも最適だと思いますよ。

 

そして「無印良品」も。ちょっと割高ですが、日本品質がここにあります。

「無印良品」については、こちらの記事で詳しく紹介しています↓↓

インドで買える日本ブランド!MUJI(無印良品)
バンガロールにあるMUJI(無印良品)について紹介します。VRモールの中にあり、日本の無印良品の雰囲気そのままに、食品系を除きほぼ同じ商品を買うことが出来ます。インド国内のMUJIは全4店舗あり、他の店舗はムンバイ・デリー・ノイダにあります。

 

L1(1st Floor)にあるお店

L1にはめぼしいお店はあまりありません。

 

スポーツ用品なら、「Adidas」「Puma」が仲良く並んでいます。

 

あとは「H & M」くらいでしょうか。

「H & M」はUG階とL1階の2階建てになっていて、VRモールで最も広いお店です。

 

L2(2nd Floor)にあるお店

L2階にはフードコートもあり、沢山のお店が並んでいます。

 

まずは、子ども用のおもちゃや絵本も多く取り扱っている「CROSSWORD」という本屋さん。

「CROSSWORD」については、こちらの記事で詳しく紹介しています↓↓

子どもが喜ぶ本屋さん!CROSSWORD
インドの本屋さん「CROSSWORD」について紹介します。ただの本屋ではなく、子ども向けの絵本や文房具、おもちゃ等も一緒に売っていて、子どもを連れて行くと大喜びです。私の住んでいるホワイトフィールドでは、どこのモールにも入っています。

 

こちらはインドの百均のようなお店です。

正直たいしたことありませんが、コップとかちょっとした日用品は揃います。

 

また、写真は撮ってないですが、子ども服などを取り扱うイギリス発祥の「Mothercare」もあります。

 

 

後はフードコートも同じ階にあります。

「マクドナルド」です。

「バーガーキング」もあります。

インドのバーガーキングには、珍しいマトンバーガーがあります。

意外といけます。

 

こちらはデザートに最適なアイスクリーム「Gelato Itariano」

安くて結構美味しいですし、種類も多くあります。

 

フードコートの隣にはゲーセンもあります。

 

そしてちびっ子向けのプレイランド。我が家の子ども達も結構お気に入りです。

ちょっとキモいですが。。。

なぜ、錦鯉・・・?

だいたいひとり1時間200ルピー(約320円)くらいでした。

意外と高いですが、インド人の子ども達も沢山遊んでいます。

スポンサーリンク

L3(3rd Floor)にあるお店

3階には中央にシネマがあります。

ボリウッド映画が日々上映されている...と思います。

 

後はレストランが並んでいます。

まずは、安定のイタリアン「TOSCANO」

「TOSCANO」はバンガロールに何店舗もあり、美味しいピザやパスタ、ステーキなどが食べられます。

 

続いて、最近オープンしたばかりのアジアン系料理「NASI and MEE」

まだ未体験ですが、メニューを見せてもらった感じだと、日本や中華というより東南アジア系の料理が多そうでした。(店の名前からも想像できますが)

一応、寿司もあるみたいですが、残念ながら期待は出来なさそうです。

 

他にもいくつかレストランはありますが、我が家はだいたい「TOSCANO」に落ち着きます。

 

G(Ground Floor)にあるお店

最後にGround Floorに戻って、「Foodhall」です。

Foodhallでは野菜や果物が豊富に取り揃えられており、他にも鶏肉や魚など様々な食材を買うことが出来ます。

オーガニック野菜も一部取り扱っており、新鮮で綺麗な商品が多いのでオススメです。

 

VRモールへのアクセス

VRモールはホワイトフィールドの西側、幹線道路の近くにあります。

ホワイトフィールドの居住エリアはだいたい東側にありますので、意外と離れたところにあります。

東側から行くとホワイトフィールド・メインロードを通ることになりますが、この道路は通勤時間帯になると酷い渋滞が発生することで有名ですのでご注意ください。また、最近活発になっているメトロの工事状況によっても渋滞状況は左右されます。

  • 正式名称
    VR Bengaluru
  • アドレス
    Whitefield Main Rd Devasandra Industrial Estate, Mahadevapura Bengaluru, Karnataka 560048
  • 営業時間
    10:00AM – 10:00PM

ただし、モール自体はオープンしていても、店舗によっては準備中となっていることが結構あります。

インディアンタイムですので、ちょっとゆっくり行った方が良いです。

 

公式HPはコチラ↓↓

VR Bengaluru - Shopping and Entertainment in Bangalore
VR Bengaluru, popularly known as Black Box On Whitefield Road, is a mixed-use retail development in India, situated in Whitefield, Bangalore. In addition to the...

終わりに

今回はVRモールに入っているお店を紹介しました。

 

特にFoodhallが新鮮で綺麗な食材を買えるので、ホワイトフィールドのモールの中でも結構お気に入りです。

ただ、移動時間が少々長くなってしまうこともあり、子連れでフラッと行けないモールでもあります。

 

近場で軽く済ませようとすると、やっぱりフォーラムモールがアクセスも良く使いやすいです。

モール紹介!ザ・フォーラム・ネイバーフッド・モール
娯楽の少ないインドでは、ショッピングモールは貴重な子供の遊び場です。今回はOakwoodやOzonに隣接するフォーラムモールについて紹介します。おもちゃ屋やプレイルームもあり、美味しい洋食も食べられます。食料品・日用品もひと通り揃います。

 

 

ではまた。

コメント